単身パックは在宅しないといけない?

単身パックは在宅しないといけない?

引越単身パックを利用する際には、引越し先と引越元両方に人がいなければなりません。宅配便のように荷物が送れるとはいっても、誰かに荷物を預けておくわけにもいきませんし、宅配ロッカーに入れて業者に勝手に持っていってもらう方法も利用できません。単身パックを利用する際には必ず誰かが在宅し、家にある荷物を引き渡したり受け取ったりする作業が必要となります。どちらも在宅できない場合では友人に頼んだり、実家にいる家族にお願いしたり、場合によっては引越し先の管理業者や大家さんにお願いできることもあるかもしれません。
単身パックは荷物を集荷し、大抵は翌日の配送となるため移動にかかる時間は余裕があります。仕事がある方などは2日休日が取れる日にまとめて引越の作業をすると良いでしょう。また、金曜日の夜に集荷に来てもらいそのまま配送してもらい、週末に荷物を受け取る方法も良いかもしれません。荷物の受け取りは通常の宅配便と同様日時が指定できるため、どちらも在宅できる日を指定することが可能です。集荷にきたら必ずしも翌日受け取らないといけないわけではありません。引越し先、引越元両方家にいられる日に調節してもらい、上手く引越をしてみましょう。