単身パック不用品の荷下ろしについて

単身パック不用品の荷下ろしについて

引越単身パックは送れる量が決まっているため、できるだけ荷物を少なくしたいというのが実情ではないでしょうか。特に大型の家財道具を入れてしまうと1つのボックスでは入りきらず、2つ借りることとなってしまいます。追加料金がかかるくらいなら大型家具は当日捨ててしまおうと考える方もいるでしょう。しかし、そこで問題となるのが当日引越の荷物ではない家財道具を果たして業者は階下へ下ろしてくれるのか?単身パックを利用する人は1人暮らしの方も多く、粗大ゴミに家財道具を出すと決めても簡単に2階以上から下へ運ぶことはできないのです。それなら引越の際にちょっとだけ業者に手伝ってもらい、下ろしてもらえるか聞いてみることをおすすめします。
引越業者や宅配便の単身パックでも、ちょっとした荷下ろしくらいならサービスとして手伝ってくれることが多いようです。本音では雑用なのでやりたくないのですが、お客さんのため多少のことはサービスとして考えてくれる業者が多いのです。もし無料で下ろしてくれるといわれた場合では気持ちお金を包めばよく、有料といわれる場合もあります。何か大型の家具類で処分したく部屋から1人で搬出できないものがあれば、事前に相談することをおすすめします。